着圧グッズ

スリムウォークがかゆい・かぶれてしまう原因と対処方法まとめ!

この記事ではスリムウォークがかゆいというあなたのために、かゆみやかぶれの原因をお伝えしていきます。

かゆみ・かぶれ対策や、スリムウォークでかぶれてしまった場合の対処方法もご紹介!

スリムウォークだけでなく、他の着圧レギンス・着圧ソックスでのかゆみに悩んでいる方も、ぜひこの記事を読んでみて下さいね!

スリムウォークがかゆい…原因4つをそれぞれ解説!

まずはスリムウォークがかゆい場合の原因について見ていきましょう。

スリムウォークがかゆい場合には以上のような原因が考えられます。

どんな理由で肌が痒くなってしまうのか?それぞれ解説していきますね!

スリムウォークがかゆい原因①:肌が乾燥していること

スリムウォークがかゆいと感じる方の多くは肌が乾燥しているんです。

特に秋冬の時期は湿度が下がり、肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥している状態だと、肌のバリア機能が低下して外からの刺激に敏感になってしまうんですね。

静電気でピリピリと感じたりかゆい事が多くなってしまうので、注意しておきましょう。

また、クーラーや暖房器具を付けている場合も肌の乾燥を感じる事があります。

乾燥する時は保湿をしたり水分をこまめに取る事も考えてみてくださいね。

加湿器を使うのもおすすめの方法ですよ。

スリムウォークがかゆい原因②:気温や室温の急激な変化

スリムウォークがかゆい原因の2つ目は気温や湿度などの急激な変化によるもの。

気温の高い夏などにスリムウォークを履いて足全体を覆っていると、どうしても汗をかいてしまいます。

体内の熱を逃がす事が難しくなり、結果汗も逃せなくなってしまうんですね。

逆に気温の低い秋冬のシーズンは冷え対策にスリムウォークを履く方もいるでしょう。

ですが事前に足を温めてから履いた場合、先程と同じように足が温まりすぎて汗を逃せなくなる可能性があるんです。

どちらにしても急激な温度変化が原因となっているので、気を付けておきましょう。

スリムウォークがかゆい原因③:サイズが合っていないこと

スリムウォークがかゆい原因の3つ目は自分に合ったサイズを選んでいないことが考えられます。

美脚になりたくて小さいサイズを選んでしまう人がいるかもしれませんね。

ですがスリムウォークは着圧構造なので、小さすぎるサイズだと圧が強すぎてしまいます。

あまりにもサイズが合っていないと血流が悪くなってしまい、かゆくなる事が考えられるんですよ。

早く効果が出て欲しい気持ちは分かりますが、今の自分のサイズに合ったスリムウォークを選ぶようにしましょうね。

スリムウォークがかゆい原因④:素材が肌に合っていないこと

スリムウォークの素材が肌に合わないとかゆい原因になることもあるんです。

特に敏感肌であったり乾燥肌の人は素材が合っていない可能性も。

スリムウォークには色々な種類がありますが、多くはナイロンやポリウレタンが素材となっています。

普段からストッキングを履いてかゆくなりがちな人や、他の素材でかゆみが出た事がある人は注意してみてくださいね。

購入前にスリムウォークの詳しい素材を確認しておくと良いでしょう。

また女性の体は時期によって肌の状態が変わることもあります。

そんな時は時期をずらしてスリムウォークに挑戦してみても良いかもしれません。

スリムウォークや着圧レギンスのかゆみ・かぶれ対策を4つご紹介!

続いて、スリムウォークや着圧レギンスを使用した際のかゆみやかぶれ対策についてお伝えしていきます。

こちらで紹介している4つの対策を行うことで、かゆみやかぶれを避けながらスリムウォークを使うことが出来るでしょう。

それぞれ詳しく解説していきますね!

対策①:脚の保湿ケアをする

足の乾燥対策としては保湿をすることがオススメです!

ボディソープを低刺激なものに変えたり、入浴剤に保湿成分が入っているものを選ぶのも1つの手ですよ。

またお風呂上がりは乾燥しやすいので保湿剤を塗りましょう!

ボディクリームやオイルなどを使えば、保湿とマッサージが一緒にできます♪

特に肌が乾燥して割れてしまっている部分やかかとは乾燥しがちなので、入念に塗っておきましょう。

コットンに化粧水を浸してパックする方法もあるので、自分に合った保湿方法を選ぶと良いですね。

対策②:室温をコントロールする

室温が高いと足が温まってしまいかゆい原因になるので、低めに設定してみてください。

と言っても低すぎると体が冷えてしまうので、22℃~24℃ぐらいが丁度よいでしょう。

冷暖房器具で調節する方法が一般的ですね。

人によって暑さや寒さの感じ方には個人差がありますが、実は湿度も大切です。

気温が高くても湿度が低ければ不快ではなくなりますし、逆に気温が低くても湿度が高いと寒さを感じにくくなるんです。

特に冬は暖房器具を使うことが多いですが乾燥しやすくなります。

湿度を50%ほどに保つ事で、暖かさを感じやすくなりますよ。

室温とともに湿度にも気を配ってみてくださいね。

対策③:履いている時間を短くする

スリムウォークを履く時間を短くすることも検討してみましょう。

どうしても長時間履いていると汗をかいたり乾燥してきてしまうんですね。

季節によってもかなり変わると思いますので、肌がかゆいと感じる場合は適度な着脱をしてみてください。

一度脱いで汗を流したり、保湿をし直すことで快適にスリムウォークを履くことができますよ。

また、着圧レギンスを初めて履く人は体が圧に慣れていない可能性もあります。

きつすぎるとかゆい原因にもなりますので、まずは短時間から体を慣らしてみてくださいね。

対策④:他の着圧レギンスを試してみる

以上のようなケアをしていても脚がかぶれてしまう場合には、スリムウォークではない別の着圧レギンスを使用するのも手です。

スリムウォークの素材やサイズが肌に合っていない可能性もありますからね…。

とは言え、着圧レギンスには色々な種類があるので、闇雲に商品を選ぶのはおすすめ出来ません。

この記事の後半では、かゆみやかぶれを避けるためには、どんな着圧レギンスを選べばよいのかを解説しています。

そちらの内容を参照の上、あなたに合った着圧レギンスを選びましょう!

>>かゆみやかぶれを避けるための着圧レギンスの選び方!

スリムウォークでかぶれてしまった場合の対処方法3選!

ここでは、スリムウォークでかぶれてしまった場合の対処方法についてお伝えしています。

万が一スリムウォークや他の着圧レギンスで脚がかぶれてしまった…そんな場合は焦らずに次の3つの対処を行いましょう。

それぞれ詳しく解説していきます!

対処法①:優しい成分で身体を洗う

スリムウォークで脚がかぶれてしまったら、まずは優しい成分を使って身体を洗いましょう。

ただし、肌のかぶれにとって摩擦は大敵…。

天然成分入りのボディーソープなどを使用して、優しく肌を洗ってあげて下さい。

市販のボディーソープには化学成分が入っているものも多いので、くれぐれもご注意を…。

対処法②:保湿をしっかりと行う

脚を綺麗にしたら、肌の保湿を行いましょう。

しっかりと保湿を行うことで、肌のかぶれが悪化するのを防ぐことが出来るはず。

保湿ケアを怠ってしまうと、下半身のかぶれが慢性化してしまう恐れがあるんです…。

お風呂上がり、寝起きなどにこまめに保湿するようにして下さいね。

保湿ケアの際には、ボディーソープと同様に、化学成分が使われていない低刺激の商品を選ぶようにしましょう!

対処法③:室温を調整する

最後に、室温を調整して肌のかぶれをケアして下さい。

室温が高すぎると、汗や蒸れを引き起こす恐れがあるので、暖房の使いすぎには要注意…。

汗や蒸れによって肌がかぶれてしまったという場合には、せっかくケアをしても室温を調整しないと再度かぶれてしまう恐れが…。

前述の通り、スリムウォークを履いていると体内の熱をうまく逃がすことが出来なくなるので、マメに暖房を切るなどして対処して下さいね。

かゆみやかぶれを避けるための着圧レギンスの選び方

着圧レギンスの選び方
  1. 利用目的に合っていること
  2. 足首などのサイズが合っていること
  3. 素材にコットンやシルクが使われていること

スリムウォークでかゆいと感じる場合や、肌がかぶれてしまう場合には、別の着圧レギンスを購入するのも一つの方法です。

以上の3点をもとに、かゆみやかぶれが生じにくいような着圧レギンスを選びましょう。

寝る時用の着圧レギンスと、運動用の着圧レギンスでは素材やサイズ感などに違いがあって当然ですもんね!

なお、私のイチオシは寝る時用のナイトスリムがもらえるグラマラスパッツです。

寝る時はナイトスリムを、普段はグラマラスパッツを履くようにすれば、かゆみやかぶれが抑えられるはずですよ。

グラマラスパッツを試してみたい人は公式サイトを、私の口コミが気になる方は詳細記事をチェックしてみて下さいね!

通販最安値!グラマラスパッツ公式サイト!

グラマラスパッツを購入して履いた私の口コミ!